泰明画廊
Top Page>美術品の減価償却について
TEL 03-3574-7225 FAX 03-3573-5737
e-mail info@taimei-g.com 当サイトのメールフォームでの送信
お手紙 株式会社 泰明画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5
[営業時間] (平日) (土曜)
[休廊日] 日曜、祝日、年末年始、お盆休み等
展覧会期間中は変更になることがあります。また、予告無しに休廊する場合がありますのでご了承下さい。
■会社情報   ■所在地図   ■プライバシーポリシー
質の高い作品の紹介
年の実績を持つ泰明画廊の豊富な知識と経験及び幅広い情報網によりオールドマスター、印象派から日本国内の明治以降の洋画及び近現代の日本画の作家の逸品を数多く取り扱っています。
各方面のエキスパートがそろっている泰明画廊の幅広い情報と経験から必ずやご希望の作品をお客様にご紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。
 ■美術品の減価償却について
資産としての美術品の売却
泰明画廊では皆様が所蔵されている美術品の売却のお手伝いをさせていただきます。
買取をはじめ、豊富な知識と情報量で皆様が所蔵されている美術品を最大限に活かす方法、または最善な売却方法をご提案します。
 ■最善な売却方法のご提案
美術品の保管方法や額縁の修理・交換等美術品のことについてご相談ください。
美術品の減価償却について
美術品の減価償却について
その美術品、 経費で落とせるかも知れません。
ここがポイント!
2015年1月1日から税制が変わりました。(国税庁:改正の概要
改正前までは、取得価額が1点20万円未満のものは減価償却できましたが…
取得価額が1点100万円未満の美術品は原則として減価償却できます。
取得価額が1点100万円以上であっても、
1. 会館のロビーや葬祭場のホールのような不特定多数の者が利用する場所の装節用や展示用(有料で公開するものを除く)として取得されるもの…、ホテルや病院のロビ一等も含まれます
2. 移設することが困難で当該用途にのみ使用されることが明らかなもの
3. 他の用途に転用すると仮定した場合に、その設置状況や使用状況から見て美術品等としての市場価値が見込まれないもの
たくさんの人の目に触れるもの その場所から移動できないもの 転用する際美術価値が見込めないも
以上の例示全てに該当すれば減価償却が可能です。
ただし、 上記例示において、 個別に判断基準が異なる場合もあります。
古美術品、古文書、 出土品、這物等のように歴史的価値や希少価値がぁり、代替性のないものについては「時の経過によりその価値力、減少しない資産」として、改正前と同じく減価償却できません。
国税庁:「時の経過によりその価値が減少することが明らかな」美術品等
企業の皆さまが美術品を購入しやすくなりました。
減価償却となる美術品の範囲が以前は「20万円未満」だったものから「100万円未満」へ引き上げ、られたことによって、今まで以上に質の高い美術品が手に入りやすくなりました。
文化芸術振興に聚がるだけでなく、購入した美術品を飾ることで、その空間が豊かになり、観る人にとって良い効果を発揮します。
企業だけに適用されるのですか?
個人ではなく、法人である企業や個人事業主の方に適用となります。
年度で100万円未満ですか?
取得した美術品、 1点につき100万円未満です。 したがって、 年度通算の合計額が100万円未満ではありません。
1点100万円には消費税は含まれますか?
消費税に関しては、それぞれの計上方法によって異なります。税込計上の場合は、消費税を含み、税抜計上の場合は、含まれません。
取得価額に額縁代や運賃は含まれますか?
この100万円未満という範囲には、運賃や運送保険料、購入手数料、関税、据付費、額緑代等の諸経費が含まれます。
購入の際に、必要となった経費を全て盛り込んで100万円未満ということです。
何年で減価償却ができますか?
例えば、その美術品が絵画や陶磁器の場合は、8年で償却することとなります。ただし、金属製の彫刻の場合は15年で償却します。
国税庁:美術品等についての減価償却資産の判定に関するFAQ
主要取扱作家
アイズピリ,P. サム・フランシス ドラン,A. モネ,C.
ウォーホル,A. シーレ,E. ピカソ,P. ユトリロ,M.
ヴラマンク,M. シスレー,A. ピサロ,C. リキテンシュタインR
エルンスト,M. シニャック,P. ビュッフェ,B. リヒター,G.
カシニョール,J.P. シャガール,M. ブーグロー,W. ルース,M.
カトラン,B. ジャコメッティ,A. フォンタナ,L. ルオー
カンディンスキーW. ステラ,F. フサロ,J. ルドン,O.
ギアマン,P. セヴェリニ,G. ブラジリエ,A. ルノワール
キスリング,M. セザンヌ,P. ブラック,G. レジェ,F.
キルヒナー,L. ターナー,W. ポロック,J. ロートレック,H.T.
クールベ,G. ダリ,S. マグリット,R. ローランサン,M.
クリムト,G. タンギー,Y. マチス,H. ロスコ,M.
クレー,P. デ・クーニング,W. マルケ,A. ロセッティ,D.G.
コタボ,A. デュビュッフェ,J. ミレー,J.F. ロダン,A.
ゴッホ,V. デュフィ,R. ミロ,J. ワイエス,A.
コロー,C. デルボー,P. ムーア,H. ワイズバッシュ
ザオ・ウー・キー ドガ,E. モディリアーニ,A. 他多数
靉 光 熊谷 守一 鳥海 青児 藤田 嗣治
青木 繁 国吉 康雄 寺内 萬治郎 前田 寛治
朝井 閑右衛門 黒田 清輝 東郷 青児 松本 竣介
浅 井 忠 小磯 良平 中川 一政 三岸 好太郎
有島 生馬 小出 楢重 中川 紀元 三岸 節子
牛島 憲之 小絲 源太郎 中村 彝 満谷 国四郎
梅原 龍三郎 古賀 春江 中村 直人 宮本 三郎
海老原 喜之助 児島 善三郎 中村 不折 向井 潤吉
岡 鹿之助 小林 和作 西村 龍介 棟方 志功
岡田 三郎助 小山 敬三 野口 弥太郎 村山 槐多
荻須 高徳 佐伯 祐三 野間 仁根 安井 曽太郎
香月 泰男 坂本 繁二郎 橋本 博英 山口 薫
金山 平三 進藤 蕃 長谷川 潔 山口 長男
鹿子木 孟郎 須田 国太郎 長谷川 利行 山 本 鼎
彼末 宏 関根 正二 浜口 陽三 萬 鉄五郎
鴨 居 玲 高橋 由一 林 武 和田 英作
岸田 劉生 高畠 達四郎 福井 良之助
北川 民次 田村 孝之介 藤島 武二 他多数
青木 敏郎 筧 本生 中根 寛 円 池 茂
伊牟田 經正 笠井 誠一 中村 清治 溝部 聡
上橋 薫 金森 宰司 中山 忠彦 宮 田 圭
大津 英敏 河瀬 正幸 奈良 晋裕 室越 健美
大歳 克衛 小島 俊男 西村 公義 森本 草介
大沼 映夫 小杉 小二郎 羽田 裕 山下 徹
大森 祥吾 坂口 紀良 櫃田 伸也 山田 嘉彦
大藪 雅孝 白鳥 昌 福岡 通男 山羽 斌士
岡野 博 高梨 芳実 藤井 勉 山本 文彦
奥谷 博 高橋 幸彦 藤原 秀一
奥西 賀男 谷川 泰宏 星 守雄
織田 広喜 土井 邦晃 星合 博文
尾竹 由己 土井原 崇浩 堀江 孝 他多数
池田 遥邨 加藤 東一 下村 観山 平松 礼二
石本 正 金島 桂華 杉山 寧 平山 郁夫
伊東 深水 鏑木 清方 高山 辰雄 福王寺 法林
今村 紫紅 加山 又造 竹内 栖鳳 福田 平八郎
入江 波光 川合 玉堂 竹久 夢二 前田 青邨
岩橋 英遠 川端 龍子 田淵 俊夫 牧 進
上村 淳之 菊池 契月 土田 麦僊 松尾 敏男
上村 松園 工藤 甲人 堂本 印象 松本 哲男
上村 松篁 小杉 放庵 徳岡 神泉 松林 桂月
大山 忠作 児玉 希望 富岡 鉄斎 武者小路 実篤
小川 芋銭 後藤 純男 中島 千波 村上 華岳
奥田 元宋 小林 古径 橋本 雅邦 森田 曠平
奥村 士牛 小松 均 橋本 関雪 安田 靫彦
小倉 遊亀 小山 硬 橋本 明治 山口 華楊
小野 竹喬 今野 忠一 速水 御舟 山口 蓬春
小茂田 青樹 酒井 三良 東山 魁夷 山本 丘人
加倉井 和夫 榊原 紫峰 菱田 春草 横山 大観
片岡 球子 下田 義寛 平福 百穂 横山 操 他多数
朝倉 文夫 高村 光太郎 淀井 敏夫 グレコ
朝倉 響子 戸張 孤雁 ザッキン
圓鍔 勝三 富永 直樹 ジャコメッティ
荻原 碌山 中原 悌二郎 ブールデル
菊池 一雄 平櫛 田中 ポンポン
北村 西望 舟越 保武 マリーニ
木内 克 本郷 新 マンズー
佐藤 忠良 柳原 義達 ムーア
杉山 惣二 山本 豊市 ロダン
高村 光雲 籔内 佐斗司
他多数
Top Page>美術品の減価償却について
©  2000 -   TAIMEI GALLERY